仮想通貨の種類とその利便性について

仮想通貨元年
今、世界中の投資家や一般の人達からも注目を集めている仮想通貨ですが、その実態は、私達が通常目にしたり手にしたりするお金(通貨)とは全く異なり、世界中に普及したインターネットの世界でのみ流通している物で、一般的にはデジタル通貨や暗号通貨と呼ばれております。

その事から仮想通貨は電子データーとしてのみ存在し、お金として利用できる範囲はごく限られた商品の決済や、公共料金の支払いに使用できるに留まっております。

そんな仮想通貨は現時点で世界中におおよそ600種類が流通しているとされており、仮想通貨の時価総額は80億ドルにもなると推定されております。

その600種類も有る仮想通貨の中でも取引量が多く利便性の良さを考えた場合にお薦め出来るのが、ビットコインやイーサリアム、リップルやネム、イーサリアムクラシック等の仮想通貨を挙げる事ができます。

中でもビットコインは最も知名度の高い仮想通貨と言え、投資目的でビットコインを入手している方が非常に多くおります。

又、このビットコインを実際のネットショッピング等の商品購入の決済に使用したり、一部ではレストランの支払、更には電気料金の支払等にも使う事が出来る様になり、電気料の支払いをビットコインで行う事によって新たなビットコインを貯めて行く事も出来、正に現実のお金に近い感覚で使用できる様になってきております。

又、イーサリアムと呼ばれる仮想通貨は不動産投資や投資信託等の決済時の利便性が良い為、この様な投資家の間で注目を集めております。

更に、リップルと言われる仮想通貨の場合には、インターネットに関連した決済に適しており、このリップルを多く保有する投資家も多く見られます。

これらの人気の高い仮想通貨であれば、世界中で利用の実績も上がってきておりますので、仮想通貨の取り扱いが初めての方でも、比較的簡単に仮想通貨の世界に入って行ける物と考えられます。

又、仮想通貨は投資目的や商品購入の決済の手段として使われる以外にもメリットが有り、実際通貨と異なりインターネットの世界にしか存在しない為、お金のやり取りは銀行等の金融機関を介する必要が無い点に有ります。

この事は裏を返すと仮想通貨のやり取りには、実際通貨で金融機関に支払う手数料等が掛からない、又は大変安い手数料で済ませる事が出来ます。

更に、インターネットの世界ですので、例えば海外送金等の時間をお幅に短縮する事が出来ると言うメリットが有ります。