ビットコイン以外にも注目を浴びてきたアルトコイン

ビットコインとアルトコイン
仮想通貨というとビットコインが代名詞みたいになっていますが、世界には約1000種類以上の仮想通貨が存在しています。

仮想通貨はブロックチェーンで台帳を管理していますが、ネット環境が世界的に普及したことで個人の間でもマイニングできるようになってきました。

ビットコイン以外に有名な仮想通貨といえば、イーサリアム、オーガー、グノーシスなどで、ビットコイン以外の通貨のことをアルトコインと呼ばれています。

時価総額が一番多いのがビットコイン

約1000種類近い仮想通貨がある中で、時価総額100万円を超える通過は半分にも満たない程度です。ほとんどが時価総額100万円以下といわれています。

まだまだこれからの仮想通貨もあれば、世間に知られず消えていってしまうのもあります。

仮想通貨の取引所では年々扱える数を増やしていますが、せいぜい数十種類ぐらいが生き残ると思われます。それ以上になると信頼性のないのが多くなってきてしまいます。

ビットコインから分裂したビットコインキャッシュやビットコインゴールド、イーサリアムから分裂したイーサクラシックなどが人気の仮想通貨になりそうです。

日本で買える取引所

ビットコインが登場した当時は世界でもほとんど買える場所がありませんでしたが、テレビや雑誌などで取り上げられるようになってきてから、日本でも取引所が増えてきました。

主な取引所で有名なのがビットフライヤーです。初心者でも気軽に始めることができ、デモ画面で実際の取引を体験することができるのでオススメの取引所です。

他にもチェンジリーやコインチェック、ザイフなどさまざまな取引所が国内で登場してきています。

いずれも初心者向きの取引所でアルトコインも多数扱っているのでお小遣い程度から始められます。

今後の仮想通貨の展開

今までの金融商品というのは、株であったりドルやユーロなどの為替が人気ありました。

しかし仮想通貨が世間に知れ渡るようになってからの個人投資家は、ビットコインから派生したゴールドやキャッシュ、イーサクラシックなどのアルトコインに投資していく人が増えていくと思われます。

初心者向けのアルトコインだと1000円以下からでも買えるので、2011年当時のビットコインの価格とそれほど変わらない価格で購入することができます。

日本発祥のモナコインも話題となっているので、今後世界で知れ渡れば上昇していくかもしれません。

2017年はビットコインの年でしたが新規参入するにはハードルが高すぎるので、2018年以降は新たなアルトコインが注目を浴びることになると思われます。